Home » 未分類 » LEDが沢山ついているパソコンの有用性とは

LEDが沢山ついているパソコンの有用性とは

ゲーミングマウスやゲーミングキーボード、またゲーミングパソコンケース、そしてCPUファンや電源ファン、さらにはグラフィックボード自体まで。
何故か色々とLED光らせる仕様のものが多くなってきた世の中ですが、何故人はそんなにパソコンを光らせたいのでしょうか?その理由は?

華やかだから

一番に考えられる要因です、とくに色とりどりに変化したり、虹色変化なんていのはサイバーな雰囲気をかもし出し、まるでロボットアニメのような気分に浸れます。

暗い部屋を明るくできる

どうしてもパソコンゲームを一人でやっていると部屋が暗い雰囲気になりがちです、殺伐とした心境でプレイしていると尚更かもしれません。
そんなときに、光り輝くパソコンで、心も部屋も明るく照らし出すことができます。

機能によって照明の色を変えてわかりやすくできる

キーボードやマウスによっては、登録しているマクロによって照明の色を変更できるものがあったりもします。
PCケースにおいては温度表示機能などもあります、ファンはちゃんと回転しているのか目視できます、グラフィックボードについても温度によって色がかわり目視で確認できる機能もあります。
そういった目視できる『機能』として照明をつけているものもあります。
上記のことを総括すると、最終的にはやはり『格好良いから』が大前提だと思います、好き好きなので、光らせる意味は、所持しているユーザーの嗜好によって変ってしまいます。ただやはり基本的には見た目よりもスペックを重視すべきでしょう。例えばCSGO推奨スペック以上のゲーミングPCが欲しいのにLEDやデザインにお金をかけすぎてスペック不足になったらゴミ同然です。
ただ、機能を目視できるものについては、結構便利です、24時間つけっぱなし・・・という方だと、ちょっと目に煩いかもしれませんが、パソコンを酷使するような人であれば状態をすぐに確認できるというのは非常にありがたいことです。
そこまで使用頻度が高くない人でしたら、インテリアのひとつとして楽しめるかどうか?になってくると考えられます。